助産師人生、いつかは報われるさ!


by fabazog9cg
 全国自治体病院協議会(全自病)の邉見公雄会長は1月20日の記者会見で、来年度診療報酬の改定率が0.19%の引き上げになったことについて、「希望を持って前向きにとらえたい」とする一方、「悪く言えば、なんぼでも悪く言える」「財務省のDNAが非常に強いということがよく分かった」などと批判した。

 邉見会長は診療報酬改定率について、現場などから「(民主党の)マニフェストから大きく後退したので残念だ」「1ケタ違うのではないか」などの意見が出ていることを明らかにした上で、「(前回改定分のマイナス)3.16%だけは返してくれるのではないかと、足立(信也厚生労働)政務官がずっと言っていたので願っていたが、この国は財務省のDNAが非常に強いということがよく分かった」などと述べた。
 一方、4月の診療報酬改定で、改定率の0.19%引き上げに伴う新たな財源の配分が急性期医療や手術、産科、小児科などに付けば、厳しい現状の改善が見込めるとの考えを示した。また、2012年度の改定までに経済状況が改善し、「もう少しいい診療報酬になればと思う」との期待感を示した。

 会見に同席した中島豊爾副会長は、中央社会保険医療協議会(中医協)が15日に取りまとめた来年度診療報酬改定の「現時点の骨子案」の中に「質の高い精神科入院医療等の推進」が盛り込まれたことについて、「精神科医療の質を高めようという意欲をはっきりと見せてくれた」と評価した。一方、発達障害や思春期うつ病などの児童思春期の精神疾患患者の治療を行う専門病棟への評価については、「決して入院だけでは完結しない」と指摘。実際の入院期間は短く、地域内でフォローする必要があるため、外来への評価の充実も求めた。

■中医協の議題は委員が決定を
 中医協で示される議題について邉見会長は、「今は厚生労働省が議題を決めて審議している」などと指摘。12年度改定に当たっては、医療の現場に近い委員が議題を決めるべきだとの考えを示した。


【関連記事】
再診料と外来管理加算、時間外対応なら配慮―足立政務官
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり
【中医協】地域特性に配慮した診療報酬、次回以降に再協議
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相
診療報酬全体0.19%引き上げへ、大臣折衝で合意

<小沢氏聴取要請>首相「必要に応じ自身で判断を」(毎日新聞)
「忘れていた」「銀行驚く」=石川議員、不自然な供述−小沢氏団体事件(時事通信)
「資金借り入れ、小沢氏に相談」=大久保秘書が持ち掛け−石川議員供述・土地購入(時事通信)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)
[PR]
# by fabazog9cg | 2010-01-25 01:47
 ロシアが極東地域発展の起爆剤ともくろむ大型プロジェクトが続々と始動している。この地域でソ連崩壊後の人口流出が止まらず、中国の影響力が高まっていることへの危機感が背景にある。極東を「アジア太平洋地域への窓」と位置づけて発展させ、国の求心力を取り戻すのが政権の狙いだ。日本としては、ロシアによみがえった東方への関心を北方領土問題の解決と協力関係の拡大につなげたいところだ。

 ■シベリア石油ライン

 沿海地方ナホトカのコジミノ港には昨年末、石油輸出ターミナルが完成し、タンカーによる積み出しが始まった。このターミナルは全長約4800キロの「東シベリア−太平洋パイプライン」(VSTO)の終点となる予定で、極東の石油輸出拠点と位置づけられている。式典に出席したプーチン首相は「現代ロシアにおける最大プロジェクトの一つが完成した」と胸を張った。

 VSTOは東シベリア・タイシェットから中国国境近くのスコボロジノまでの約2700キロが「第1段階」として敷設されており、当面、スコボロジノ−コジミノ間では石油を鉄道輸送する。

 沿海地方の中核都市、ウラジオストクでは、新興自動車メーカー「ソレルス」による極東初の組立工場が完成し、いすゞ自動車や韓国の双竜自動車などからの生産を請け負う予定だ。造船分野を立て直すため、国がタンカーや海上での石油掘削設備を発注する巨額投資も始まった。

 2012年にはウラジオストクでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催される予定で、大規模な会場建設やインフラ(社会基盤)整備も計画されている。日本外交筋は「ロシアが極東・東シベリアの開発やアジア太平洋地域への進出に本気で関心を持ち始めてきた」と語る。

 ■人口流出と産業衰退

 コサックを先兵として東進政策を進めた帝政時代に続き、旧ソ連は極東など辺境地域の住民に給与や年金を割り増しする“植民政策”で広大な版図を維持。極東はソ連の地域分業体制に組み込まれ、1次産品と引き換えに工業品の多くを西部から受け取る構造ができていた。

 しかし、ソ連崩壊後は財政難から極東が「忘れられた地域」(沿海地方当局者)と化して中央から分断され、激しい人口流出と産業衰退に見舞われる。今もその流れは止まっておらず、労働力不足の穴は中国などからの出稼ぎ労働者で埋めているのが実情だ。ある推計では、中国からロシアへの出稼ぎ労働者は約80万人とされ、そのかなりの部分が極東やシベリアに流入しているとみられる。

 中露は上海協力機構(SCO)の中核として友好関係を保っているものの、極東部で中国からの“人口浸透圧”が高まっていることはロシアの潜在的脅威として認識されている。ロシアとしては、12年のAPEC開催を一つの象徴として極東開発を進め、中国以外のアジア太平洋諸国と多角的な経済関係を構築したいところだ。

 極東・東シベリア開発は08年に採択された「13年までの極東・ザバイカル発展プログラム」に基づいており、インフラ整備や生活水準の向上を目的に総額7千億ルーブル(約2兆1600億円)の予算が投じられる計画。ただ、在イルクーツクの社会学者、ジャトロフ氏は「地方発展のプログラムは定期的につくられているが、効率は決してよくない。生活実態を見れば明らかだ」と、政権のかけ声に懐疑的だ。

 科学アカデミー世界経済国際関係研究所(IMEMO)のミヘエフ主任研究員も「政権は先進技術に基づく極東という理想を描いているが、今はロシア全土と同様、石油・天然ガスに依存するしかない」と先行きの厳しさを指摘する。アジア太平洋諸国に輸出する石油をめぐっても、供給源となるべき東シベリアの油田開発が遅れている問題がある。

 「領土問題にかかわりなく、日本の投資はくる。日本との関係を見直す必要はない」(元高官)。こんな発言がロシア側から出てくるのは、困難な極東・東シベリア開発に日本が力を貸すことへの期待からであり、日本に対する揺さぶりの意味合いも含んでいる。(遠藤良介)

【関連記事】
米でホワイトハウスと国防総省が核戦略めぐり対立
ウクライナ大統領選、投票始まる
ロシアとベラルーシの石油紛争が泥沼化
ウクライナ、ロシア回帰も 大統領選17日に投票
ロシア極東で戦闘機墜落か レーダーから機影消える

自民 胆沢ダム視察へ(産経新聞)
西日本などで部分日食=日没直前、那覇で最大6割(時事通信)
石川議員の拘置決定、釈放要求発議も可能(読売新聞)
足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)
子供たちのあいさつ運動始まる(産経新聞)
[PR]
# by fabazog9cg | 2010-01-23 13:48
 東京都は18日、杉並区の幼稚園でノロウィルスによる食中毒患者が154人出たと発表した。

 都によると、食中毒は同幼稚園で9日に催されたもちつき大会が原因で、患者は園児とその保護者など。入院者は1人で、すでに退院しているという。

【関連記事】
「びっくりドンキー」で食中毒、4人入院
高校の食堂で女子高生13人食中毒 さいたま
ノロウイルスで66人食中毒 栃木県
横浜のインターコンチで食中毒、ノロウイルス検出 52人が吐き気
給食食べた園児ら112人下痢、おう吐 神奈川

椿まつりキャンペーン隊 石原都知事を表敬訪問(産経新聞)
<阪神大震災>神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)
長崎沖現場海中に船影=10人乗り漁船遭難−長崎(時事通信)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)
<石川議員逮捕>土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)
[PR]
# by fabazog9cg | 2010-01-22 19:37
 大寒の20日早朝、鳩山内閣が建設中止を表明した八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の地元の川原湯温泉で、下帯姿の男たちが湯をかけ合う「湯かけ祭り」があった。氷点下3度の寒さの中、温泉街には「お祝いだ」の声が響き、一面白い湯気に包まれた。

 約400年前、湯が止まって困った住民が鶏を神前に供えたところ、湯がわき出したため「お湯わいた」「お祝いだ」と湯をかけて喜んだのが始まりとされる。ダム水没予定地のため住民が減り、観光客やダム工事事務所職員らも参加した。祭りの取りまとめ役「大将」を務めた金子勝美さん(49)は「今年も祭りができてよかった。今後も住民一丸で続けたい」と話した。【奥山はるな】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:千葉県の負担金差し止め訴訟 市民団体側敗訴
八ッ場ダム:千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟
八ッ場ダム:地元意見交換会、24日に開催…国交相発表
八ッ場ダム:早期完成求めて決議 建設推進協
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元

首相、阪神・淡路大震災式典出席を発表(産経新聞)
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず(産経新聞)
小沢幹事長、民主党大会で検察と対決宣言(レスポンス)
世論調査は軒並み「辞任」求める 苦しい立場に追い込まれた小沢氏(J-CASTニュース)
小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」(産経新聞)
[PR]
# by fabazog9cg | 2010-01-21 22:22
 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、逮捕された石川知裕衆院議員(36)が東京地検特捜部に対し、土地代金に充てる現金4億円を同会の2004年分の政治資金収支報告書に記載しないことについて、公設第1秘書・大久保隆規被告(48)(公判中)に相談したと供述していることが、関係者の話で分かった。

 石川容疑者はその後、小沢氏に不記載の方針を報告し、了承を得たと説明しているという。特捜部は、小沢氏と石川容疑者、大久保被告の3人が共謀し、収支報告書に虚偽の記入をした可能性があるとみて調べている。

 同会の事務担当者だった石川容疑者は04年10月上旬、小沢氏から現金4億円を受け取り、同月中旬以降に、同会の銀行口座に分散入金。同月29日、この資金を使って、東京都世田谷区深沢の土地を購入した。

 関係者によると、石川容疑者は土地購入前、まず同会の会計責任者だった大久保被告と相談。小沢氏から提供された4億円を同会の04年分の収支報告書に記載せず、土地取得の登記も翌05年にずらす方がいいということになり、この方針を小沢氏に報告することになったと供述しているという。

 石川容疑者は、その後の同月下旬頃、小沢氏に不記載の方針を報告し、了承を得たと説明している。石川容疑者は04年分の収支報告書に、方針通りに4億円の収入を記載せず、土地を05年に買ったように装うため、土地の登記も05年1月にずらしていた。その結果、土地代金などの支出計約3億5200万円は05年分の収支報告書に計上された。

 また、石川容疑者は土地購入代金を調達する際、同会の手持ち資金では足りなかったため、大久保被告と2人で小沢氏に相談、その後、4億円を用意してもらったとも特捜部に供述している。特捜部は、石川容疑者が土地購入の資金繰りから収支報告書の記載内容まで、逐一、大久保被告や小沢氏に報告、了承を得ていた可能性が高いとみている。

 大久保被告は特捜部に対し、「収支報告書は見ていない」と、記載内容への関与を否定しているという。

 特捜部は小沢氏に要請中の任意の事情聴取で土地購入を巡る経緯について、説明を求めると見られる。

<天皇、皇后両陛下>恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)
<人事>法務省(18日)(毎日新聞)
大阪府が独自学力テスト、市町村別に公開へ(読売新聞)
<羽田空港>システム障害、210便に欠航や遅れ(毎日新聞)
<羽田空港>レーダー障害で一部発着できず(毎日新聞)
[PR]
# by fabazog9cg | 2010-01-21 04:41