助産師人生、いつかは報われるさ!


by fabazog9cg

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 JRの臨時特急を撮影しようと、踏切内の線路脇にカメラの三脚を置いたとして、奈良県警西和署が鉄道営業法違反の疑いで書類送検した兵庫県尼崎市の男(50)が、神戸市交通局に勤務する市営バスの運転手だったことが7日、同署への取材で分かった。同署は当初、男の職業を「会社員」と発表していた。

 西和署によると、運転手は「いままで道路で撮っていたが、アングルがいいので踏切内に入ってしまった。今後は気をつける」と話しているという。

 送検容疑は5月9日、奈良県斑鳩町のJR関西線王寺−法隆寺間の踏切で、臨時特急の写真を撮影するために踏切内の線路脇に三脚を置いたとしている。

 野田晋哉・神戸市交通局市バス運輸サービス課長の話 「同じ交通事業に携わる者として、誠に申し訳なく遺憾。乗客とJR西日本の関係者の方々に深くおわび申し上げる」

【関連記事】
異例“撮り鉄”を立件 被害届なくても「警鐘」書類送検
撮り鉄?JRに遅れ 関西線、線路脇に三脚
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
帰ってきた「D51」 指定席は“瞬間蒸発”必至
“ハミ鉄”出現で通勤客は大迷惑! 隣の列車に乗り込み…
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

浜教祖の教科書不使用マニュアル 「つくる会」が回収請願(産経新聞)
所信表明11日を与党が提案=野党、予算委確約が前提(時事通信)
<テニスシューズ>自主回収、靴底はがれ転倒の可能性(毎日新聞)
都の漫画児童ポルノ規制条例 自公、修正案提出へ(産経新聞)
都城の牛3頭は陽性、208頭殺処分 日本有数の畜産地域に“飛び火”(産経新聞)
[PR]
by fabazog9cg | 2010-06-11 22:38
 厚生労働省は26日、労働者と企業のトラブルを裁判に訴えず迅速な解決を目指す「個別労働紛争解決制度」について、2009年度相談状況を発表した。経済情勢の悪化を受け、解雇など民事上の個別労働紛争に関する相談件数は、前年度比4.3%増の24万7302件に上った。
 相談内容をみると、「解雇」が2.8%増で、全体のほぼ4分の1を占めた。ほかの雇用調整案件も「退職勧奨」が18.2%増、「雇い止め」が6.4%増と軒並み増加。パワーハラスメントなど「いじめ・嫌がらせ」は10.9%増、賃金カットなど「労働条件の引き下げ」は8.3%増といずれも増えた。
 相談者別では、期間契約社員が15.6%増、パート・アルバイトが10.5%増と、急増が際立つ。正社員は6.1%増で、派遣は38.5%減だった。 

【関連ニュース】
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪
いじめ撮影?動画を投稿=中学生徒がネットに
「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書

マーケティングは社内から――インサイドマーケティングのすすめ(Business Media 誠)
署名拒否「筋通っている」=小沢氏が福島氏に(時事通信)
福島氏の理解得るよう努力=首相(時事通信)
「小沢氏に見限られた」不仲説、首相は否定(読売新聞)
景気の谷、来月7日に判定=内閣府(時事通信)
[PR]
by fabazog9cg | 2010-06-02 00:21