助産師人生、いつかは報われるさ!


by fabazog9cg

雑記帳 すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)

 千葉県茂原市のごみ処理施設「長生郡市環境衛生センター」で、コンクリート壁とアスファルトの地面のわずかなすき間から伸びたシクラメンが濃いピンクの花を咲かせ、職員らを驚かせている。

 計量所の一角で、吹きだまりのような場所。運び込まれるごみに種が入っていたのか、いつの間にか雨水を頼りに根を張った。数年前からこの時期になると毎年開花するという。

 「内気」「はにかみ」「遠慮」という花言葉を思わせる場所に咲いたシクラメン。世話する人がいなくても、名曲の歌詞にある「疲れを知らない子供のように」たくましく育っている。【吉村建二】

【関連ニュース】
菰野町のシクラメン農家・増田康典さん /三重

北教組 労使癒着の温存画策 46協定破棄後 道教委と「交渉」(産経新聞)
「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)
<学士院賞>iPS細胞研究の山中氏ら11人に(毎日新聞)
社民、苦悩の連立維持…自衛隊「合憲」原発「容認」(読売新聞)
自民執行部、沈静化に躍起…鳩山邦夫氏離党(読売新聞)
[PR]
by fabazog9cg | 2010-03-16 22:16